プロフィール
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
代表取締役
嶋崎 まるみ

【事業内容】
パソコンの出張サポート
パソコントラブル対応
パソコン講習
ネットワーク工事
電話工事
WEB製作
その他できること面白そうなことはなんでも

【資格等】
ネットエキスパートトレーナー
Microsoft MOT インストラクター
iNIP GOLDインストラクター
Microsoft MOUS/MOS(WORD,EXCEL,ACCESS)
VBSエキスパートベーシック
一太郎検定2級
初級システムアドミニストレーター
2種電気工事士
電気施工管理技士2級
工事担任者アナログ3種
職長・安全衛生責任者
甲種防火管理者
日商簿記2級
建設業経理事務士2級
秘書検定2級
メディカルハーブ検定
HSK二級
行政書士補助者
古物商許可

【リンク】
女性による女性の為のLANサポートネットワーク LAN-LAN-LAN
Wordpressの覚書
アタシのUbuntu備忘録
MovableTypeの覚書
EC-CUBEの覚書
Marumi Shimazaki

バナーを作成

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年07月17日

【口蹄疫】種牛の殺処分と権力による恫喝

【口蹄疫】種牛の殺処分と権力による恫喝種牛殺処分 一貫性欠いた宮崎県の対応(7月17日付・読売社説)

相変わらずマスコミの悪意ある情報操作が見られる。
口蹄疫発生当初からマスコミには圧力がかかっているとしか思えない報道だった。
意図的に口蹄疫の責任が県にあるような、拡大させたのは県であるような報道。
県民から大きく支持されている東国原知事の評判を落とそうとするような報道。
県民へは県や知事を批判させようと誘導するようなインタビュー(無駄だが)。

本日10:00、宮崎の種牛6頭が殺処分される。
公平性を理由に殺されるのであるが、この種牛は民間では唯一の種牛であり、他の殺処分された牛とは違う。所有者の薦田氏はこれを我儘で言っているのではなく、県に無償提供したのである。
現在この種牛は感染していない。県の財産として他の特例の5頭と同じように、今後の宮崎の復興に役立てたい意向なのだ。

この種牛が感染していないかどうかは、目視確認だけである。
「目視だけでは感染していないかどうかわからないではないか」という意見があるが、検査を拒んでいるのは農水省である。

専門家の意見を聞きたいが、国は、国連食糧農業機関(FAO)が派遣を提案した口蹄疫専門家チームの受け入れを断った、しかも2度もだ、なぜ?
FAOの主席獣医官は「初動でなら殺処分も拡散抑止に効果があったろう。が蔓延した今、長期的視点で見ることが大事。殺処分は畜産に損失。」とコメントを寄せている。
国連機関の主席獣医官「種牛の殺処分、慎重に」

東国原知事の態度が一転したのを一貫性が無いと批判する声があるが、これは山田大臣により、とにかく早く殺せ、さもないと制限解除はしないぞと恫喝された為である。
納得はしていないが、これ以上は県民の為にならないと苦渋を飲んだのである。
薦田氏も同様で、県の為に従いながら国には抗議文を寄せている。

テレビにも新聞にも載らない部分が口蹄疫には多過ぎる。
選挙前に東国原知事は何度も山田大臣に面会を求めたのに、選挙前は拒否されたのである。
選挙が終わった途端に呼びつけて、権力により威圧した。
その時の態度が、国民の嘆願書を差し出す知事に対して、「そこに置いておいて」である。
東国原知事、種牛めぐり農水相と対立

口蹄疫について、選挙前も選挙後も、どの党も何も触れない。
関わりたくないという感じである。
関わらずに、何でもいいからとにかく早く終わってほしいのだろう。

タグ :口蹄疫

同じカテゴリー(あのニュースに一言)の記事
Posted by 有限会社ワークデザイン at 08:35│Comments(4)あのニュースに一言
この記事へのコメント
はっきり断言しましょう。
 
ウィルスを持ち込んだのが、農林省のキャリアだからですよ。 

多分、ヨーロッパか中国あたりの、危険区域を視察と称して物見遊山で旅行して、身体にウィルスを被曝させて、宮崎県へ接待目当てで行ったんでしょうね。 
いくら官庁といったって、業務履歴ぐらい調べりゃすぐわかる事じゃないですか? 

農林省のでたらめぶりは、食料の国内自給率の算定方法を見れば一目瞭然! 

本来は、農業の現状を把握するための統計結果を、自分たちに都合がいいように、加工しているのです。 
つまり! 農民のためでも、消費者のためでもなく、自分たちにつく予算確保のために、東大法学部卒の優秀な頭脳を使ってるわけです。
行く必要のない視察を行い、監督する必要のない地方農政にくちばしを突っ込み、ついでにウィルスまでばらまいていたのが判ったら・・・

どういうことになるのかは、一目瞭然ですよね。

と、私は思うんですが・・・
Posted by 東風 at 2010年07月20日 19:24
発生源についてはいろんな噂がありますが、まだ調査中のようです。
山田農水相が感染拡大に至るまでの自治体の責任などを究明する第三者委員会を設置するとか、まるで自分の責任ではないみたいです。
Posted by 嶋崎 at 2010年07月21日 07:36
>第三者委員会
これは、政府寄りの御用学者を適当にあつめて、あたかも自治体に責任があったと、初めに結論ありきの調査委員会ですよね・・・

発生源というのも、既に東京の小平の畜産防疫研究所(農林省の所属)で、とっくに遺伝子分析をしているんでしょうから、どこの国や地域から来たものか判っていなければ、おかしいと思うのです。

あとは、人とモノの動きが、その地域とどうつながるかですよね? 

だれが、宮崎県に持ち込んだのかなんて、じつはとっくに判っているんじゃないでしょうか? 

その部分をあいまいにして、宮崎県がいかに農林省の指導・監督から逸脱した行政を行っていたか、重箱の隅を突っつくように、あらさがしをするんでしょうね。 

実際問題、田植えも草刈も経験した事の無いエリート官僚が決めたマニアル(法律)なんて、馬鹿正直に履行している地方なんてありゃしませんよ。

そういった事も、すべて承知の上で、調査するはずです・・・

私でさえ、そんな事を考えているのに、マスコミは・・・そんなことも思い浮かばないバカなのか? 知ってて気がつかないふりをしているのか? 
Posted by 東風 at 2010年07月30日 12:18
マスコミは圧力かかってるから、信用できません。
FAOを受け入れるべきだと思います。
Posted by 嶋崎 at 2010年07月30日 13:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。