プロフィール
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
代表取締役
嶋崎 まるみ

【事業内容】
パソコンの出張サポート
パソコントラブル対応
パソコン講習
ネットワーク工事
電話工事
WEB製作
その他できること面白そうなことはなんでも

【資格等】
ネットエキスパートトレーナー
Microsoft MOT インストラクター
iNIP GOLDインストラクター
Microsoft MOUS/MOS(WORD,EXCEL,ACCESS)
VBSエキスパートベーシック
一太郎検定2級
初級システムアドミニストレーター
2種電気工事士
電気施工管理技士2級
工事担任者アナログ3種
職長・安全衛生責任者
甲種防火管理者
日商簿記2級
建設業経理事務士2級
秘書検定2級
メディカルハーブ検定
HSK二級
行政書士補助者
古物商許可

【リンク】
女性による女性の為のLANサポートネットワーク LAN-LAN-LAN
Wordpressの覚書
アタシのUbuntu備忘録
MovableTypeの覚書
EC-CUBEの覚書
Marumi Shimazaki

バナーを作成

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年04月03日

Ubuntuで動く複合機はあるの?

我が家のレーザー複合機「Epson LP-M5500F」、結局Ubuntuでは動かせていない。
いろいろググって、AVASYSのMFPにLP-M5500用ドライバがあるのを、alienをインストールしてUbuntu用に変換すればいいらしいという所までつきとめてやってみた。
・・・が、動かない。
プリンタ一覧に表示されるので適用してみるのだが、テスト印字をかけると、複合機が反応はするのだが、印刷はされない。

ちまたでは、同じ機器で印刷できた人もいるようだが、なぜかダメ。
複合機が反応はするので、もう少し・・・な気はする。

ところで、この複合機、この頃紙に皺がよるのだ。
皺のせいで、斜め線状に印刷抜けの線が入る。
メーカーに問い合わせたところ、定着ユニットの交換が必要らしい。

見積りは、

出張基本料 11,000
出張技術料 25,000
定着ユニット 43,670
クリーニングテープ 700
計 80,370円
消費税 4,019
合計 84,389円

メインマシンで使えない複合機に84,389円払うか!?

購入は2006年11月、
価格は297,119円、

この複合機を選択時に重視した機能、
1)両面印刷
2)レーザーカラープリント
3)スキャナ
4)有線LANネットワーク対応
5)コピー機能
6)FAX機能
7)A3対応

インク代は思ったより高い。
一番必要としているのは、講習で使用するテキスト印刷。
修理代に8万も払ったら、テキスト製作なんて赤字である。しない方がマシ。
とりあえず、インクジェットの予備プリンタはあるし、FAX電話も別にあるので、今回はこれでしのいでも良いが、一体メインマシンで使うのに何を買うべきなのか悩む。

Ubuntuで動くレーザー複合機は存在するのか???
忙しくてそれを確認する暇も無い・・・。



タグ :Ubuntu複合機

同じカテゴリー(パソコンサポート)の記事
Posted by 有限会社ワークデザイン at 23:21│Comments(1)パソコンサポート
この記事へのコメント

ちなみにEPSONの前はCANONのSATERAでしたが、Ubuntuで動くかもという情報はあるものの、今のEPSONより場所を取り、今のより音がうるさかった。
なので、これも選択肢から外れます。
-----

COMMENT:
AUTHOR: 嶋崎
EMAIL:
IP: 220.221.10.89
URL:
DATE: 04/06/2009 09:02:10 PM
Windowsに戻るのはありえないっす。そんなリスキーで不幸な・・・。
ブラザーも私的にはNGです。
どうせこの複合機壊れかけてるので、Ubuntuの検証データを残して、別の複合機または個別機能での対応の予定です。
このEPSON複合機、思ったよりコストがかかるし、思ったより待機音が大きい。
複合機をいっそやめたら部屋が広くなるかも・・・。
Macも欲しいけど、今ひとつ「Macならでは!」って購入するまでの魅力が見出せません。
今のパソコン業界って、「このパソコンが欲しい!」って思うような魅力が無いんです。
-----

COMMENT:
AUTHOR: 東風
EMAIL:
IP: 118.1.139.36
URL:
DATE: 04/06/2009 08:16:01 PM
追伸 

精神的には辛いのですが、メインマシンを、Windowsに戻して、ブラザーあたりのMFPにするのが、コスト的には一番クリティカルだと思います。

もし、予算に余裕があるのなら、この際、Macintosh導入も考えてみてはいかがでしょう。
Vistaがでて、しばらくしてMacintoshに乗り換えたのですが、MacOS X v10.4 以降のMacOSは、なかなか良いです。

舞い黒さんが、あのTV-CMを差し止めただけのことはあります。
-----

COMMENT:
AUTHOR: 東風
EMAIL:
IP: 118.1.139.36
URL:
DATE: 04/06/2009 07:58:36 PM
EPSONですよね?
いまは、ほとんどLinux用のドライバは、あの関連会社でも供給しなくなったので、古いドライバの中から比較的近い機種のものをダウンロードしてみるくらいが関の山ってところではないでしょうか?

お仕事もあることだし、それだけに何日もかかわっている訳にもいかないし、残念ですけどこれ以上深入りはしない方がよいと私は思います。

結局、MSさんが、プリンターメーカーさんに圧力をかけているのでは? と、下衆の勘ぐりでしょうが、私にはそう思えてならないのです。

もし、昔のようにLINUX用のプリンタ・ドライバがネット経由でメーカーさんから簡単に入手できるようになれば、「本当にあったノロいパソコン」に、アップグレードする人たちはいなくなるかもしれません。
Posted by 嶋崎 at 2009年04月06日 21:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。