プロフィール
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
代表取締役
嶋崎 まるみ

【事業内容】
パソコンの出張サポート
パソコントラブル対応
パソコン講習
ネットワーク工事
電話工事
WEB製作
その他できること面白そうなことはなんでも

【資格等】
ネットエキスパートトレーナー
Microsoft MOT インストラクター
iNIP GOLDインストラクター
Microsoft MOUS/MOS(WORD,EXCEL,ACCESS)
VBSエキスパートベーシック
一太郎検定2級
初級システムアドミニストレーター
2種電気工事士
電気施工管理技士2級
工事担任者アナログ3種
職長・安全衛生責任者
甲種防火管理者
日商簿記2級
建設業経理事務士2級
秘書検定2級
メディカルハーブ検定
HSK二級
行政書士補助者
古物商許可

【リンク】
女性による女性の為のLANサポートネットワーク LAN-LAN-LAN
Wordpressの覚書
アタシのUbuntu備忘録
MovableTypeの覚書
EC-CUBEの覚書
Marumi Shimazaki

バナーを作成

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月14日

スパイウェア対策

あるお客様から電話が入りました。

プロバイダ提供のセキュリティサービスを導入したら、スパイウェアがいくつも検出されたのだそうです。不安になったお客様はプロバイダのカスタマーサポートに問合せをしました。
すると、「スパイウェアについてはよくわかりません」という回答だったそうで(汗)。

前に使用していたセキュリティソフトで、直前にチェックをかけた時にはまったく検出されなかったのでそっちのカスタマーサポートにも問合せしたそうです。
すると、「ソフトによって検出するものとしないものとある」という回答だったそうです。

こちらは正解と言えます。
スパイウェアというのは、どれがスパイウェアかの線引きが曖昧なのです。また、市販のセキュリティソフトでは完全に駆除できるとは言えません。

私がスパイウェア駆除を依頼されると、経験から現時点で最強と思われるスパイウェア駆除ソフトとウイルス駆除ソフトで対応して(統合ソフトは嫌い)、ルータ導入を勧めます。それでも今後も「絶対安全」とは言えないのです。

「絶対安心!」とか、「これで完璧!」って、よくいろんなものを売ってますけど、よく言えるなって思います。

すっかり不安になったお客様、検出されたものが危険なのかどうかを確認したいと仰るので、ある方法を伝授しました。
検出されたスパイウェアの名前をネットで検索するのですが、それだけだと海外サイトがたくさん検出されてしまうので、スペースを間に入れて、「スパイウェア」と打ち込んで検索するのです。日本語が入ったので海外サイトは出てこなくなります。

「○○○○(検出された名前) スパイウェア」と2つのキーワードで検索します。つまりネット上でこれがスパイウェアだという情報にヒットするようならスパイウェアと見なして駆除すれば良いでしょう。

(有)ワークデザイン

同じカテゴリー(パソコンサポート)の記事
なぜか機内モード
なぜか機内モード(2019-10-04 13:44)

Posted by 有限会社ワークデザイン at 19:56│Comments(0)パソコンサポート
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。