プロフィール
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
代表取締役
嶋崎 まるみ

【事業内容】
パソコンの出張サポート
パソコントラブル対応
パソコン講習
ネットワーク工事
電話工事
WEB製作
その他できること面白そうなことはなんでも

【資格等】
ネットエキスパートトレーナー
Microsoft MOT インストラクター
iNIP GOLDインストラクター
Microsoft MOUS/MOS(WORD,EXCEL,ACCESS)
VBSエキスパートベーシック
一太郎検定2級
初級システムアドミニストレーター
2種電気工事士
電気施工管理技士2級
工事担任者アナログ3種
職長・安全衛生責任者
甲種防火管理者
日商簿記2級
建設業経理事務士2級
秘書検定2級
メディカルハーブ検定
HSK二級
行政書士補助者
古物商許可

【リンク】
女性による女性の為のLANサポートネットワーク LAN-LAN-LAN
Wordpressの覚書
アタシのUbuntu備忘録
MovableTypeの覚書
EC-CUBEの覚書
Marumi Shimazaki

バナーを作成

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年06月13日

業務委託のさみしさ

どの業界も同じだと思うが、委託業務と直接の依頼との業務の2種類がある。
前者はわかりやすく言えば「下請け」。
今は、この言葉は使ってはいけないそうで、「協力業者」と言うが、内容は変わっていない。
はっきり言ってネーミングなどどうでもいい。
呼び名がどうであろうと内容に変わりは無い。

得られる金額の違いは当然の事ながら、一番しんどいのは、業務委託は決められた範囲でしか仕事ができない事である。
我々、お客様と直接接してしまう人間は、良心的な技術者であればあるほど、これが辛い。
発注元や元請様が決めた範囲での仕事しかできない。
そして、それはイコールお客様の要望であるとは限らない。
全国対応する為だったり、リスクを避ける為に作業できる範囲が狭まるのは仕方無い。
これは理解している。

だが、ルールに従ってルールどおりにした後に、お客様がどんな状況になるか考えてしまう。
そして、それが耐えられない。
そんな状況がきっと誰しもあるのだ。
それが辛くて委託業務の割合を増やせない。
私がそんな重みを感じても、それはお客様には伝わらないだろう。
そんな孤独な思いがある。
  
Posted by 有限会社ワークデザイン at 00:24Comments(2)パソコンサポート