プロフィール
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
有限会社ワークデザイン
代表取締役
嶋崎 まるみ

【事業内容】
パソコンの出張サポート
パソコントラブル対応
パソコン講習
ネットワーク工事
電話工事
WEB製作
その他できること面白そうなことはなんでも

【資格等】
ネットエキスパートトレーナー
Microsoft MOT インストラクター
iNIP GOLDインストラクター
Microsoft MOUS/MOS(WORD,EXCEL,ACCESS)
VBSエキスパートベーシック
一太郎検定2級
初級システムアドミニストレーター
2種電気工事士
電気施工管理技士2級
工事担任者アナログ3種
職長・安全衛生責任者
甲種防火管理者
日商簿記2級
建設業経理事務士2級
秘書検定2級
メディカルハーブ検定
HSK二級
行政書士補助者
古物商許可

【リンク】
女性による女性の為のLANサポートネットワーク LAN-LAN-LAN
Wordpressの覚書
アタシのUbuntu備忘録
MovableTypeの覚書
EC-CUBEの覚書
Marumi Shimazaki

バナーを作成

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ

2017年04月24日

粉石鹸での洗濯復活

以前から粉石鹸で洗濯していたのが、洗濯機を買い換えたらそれまでどおりの洗い方(プログラム)ができなくなって、仕方無く液体石鹸で洗っていたのです。
メーカーサポートにも問い合わせしましたが、私のやりたい風呂の残り湯での2回溜めすすぎというのができなくて、新しい洗濯機の機能の節水すすぎでは石鹸が溶け残ってしまうのでした。
メーカーにとってはこの「節水すすぎ」が売りなので、これをしないという選択肢は無いのです。
粉石鹸で洗濯するというのは前提となっていない。

先日、スーパーで「ダイヤ 粉石鹸ネット」を見つけて買って試したところ、まったく問題が解消しました。
石鹸はちゃんと溶けて、溶け残りも無く洗濯できるようになりました。
これで元の暁ローブの粉石鹸が復活です。
同じ問題で困っていた方々、お薦めです。


  
タグ :石鹸

Posted by 有限会社ワークデザイン at 16:52Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年12月10日

厚木旅行のススメ

年末も差し迫ってまいりました。
我が家は、人様がお休みする頃は働き、人様が働いている頃にはお休みします。
という訳で、ちょっと早めに冬休みで厚木の温泉に行ってまいりました。

我が家の行きつけの温泉、かぶと湯温泉山水楼
冬は炬燵を入れて下さいます。

かぶと湯温泉山水楼   

繁盛しすぎて混み合っても困るのですが、経営に困って閉店したり身売りされてはもっと困るので宣伝します。
お食事は季節の和食。牛肉の朴葉焼き、鴨鍋、お酒は地元大山のお酒。
銀杏や柿を使ったお料理がおいしい。

   

近くにできた清川の道の駅に寄ってみました。


道の駅

お野菜や地元の名産品が買えます。

日本三薬師の一つ、日向薬師 宝城坊に寄ってみました。
ご本尊様は大切にしまわれており、宝物殿内も写真撮影は禁止です。
平成22年11月~平成28年11月までかけて、300年に一度の大修繕が終わったところです。

日向薬師 日向薬師
県指定天然記念物の「二本杉」に接した鐘堂(市指定文化財)

日向薬師  日向薬師

お寺の方が説明してくださいましたが、ここにスリランカの大統領 ジャヤワルダナ氏のお孫さんが度々足をお運びくださったそうです。
ネット上にも書かれてはいませんので、ここに残します。
木造十二神将立像も見てきました。
私の干支は、迷企羅(めきら)大将像でした。



日向薬師   
Posted by 有限会社ワークデザイン at 02:52Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月27日

宮島にも行ってまいりました

旅行の最終日、半日あれば宮島を観光できそうだ。
という訳で、車で約1時間。フェリーに乗って宮島へ。
朝早いのに、平日なのに、フェリーは海外からの観光客で一杯です。

2014年に造られた平清盛像

あらら、大鳥居は工事中です。潮が引いたらもっとそばまで行けるらしい。
あちらこちらで工事してますね。

厳島神社、回廊が鮮やかです。修学旅行の団体さんもたくさん来てました。

日本三大舞台。

反橋、別名「勅使橋」、勅使が参拝するときに使用されるとか。
でも、すごい反りです。渡れないような・・・と思ったら、やっぱり渡れなくて、仮設の階段が使われたそうです。

多宝塔からの眺め

五重塔がきれいに見えます。

ここの鹿さんは美しくておりこうです。でも、角のある鹿さんには要注意とのこと。

ここで牡蠣が食べられるのですが、朝食をしっかり食べてしまって食欲がありません。うーん、朝食抜くんだった。

さて、旅行も終わりです。帰りは岩国飛行場から。
ここは米軍と同じ滑走路を使っています。
展望デッキ(入場料100円)に出てみました。ここからは滑走路は見えませんでしたが、米軍機や自衛隊機が飛んでいくのが見えました。
後でわかったのですが、ターミナルビルロピー光庭から駐機場が見えるのでした。
ここで夫と分かれて私は福岡に出張しましたが、夫は機内から滑走路が見えたそうです。

岩国飛行場

今回は行けなかったのが下関、萩、周防大島、山口は面白いです。
ゴミや落書きなどがほとんど無かったのもさすがですね。

  
タグ :宮島

Posted by 有限会社ワークデザイン at 21:31Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月26日

山口へ行ってまいりました(岩国)

旭酒造から岩国へ向かい、岩国国際観光ホテル 別館開花亭にチェックイン。
予定では最終日の午前中に岩国を観光の予定でしたが、早めに到着したので一日早く岩国観光しました。

錦川にかかる錦帯橋 日本三名橋や日本三大奇橋に数えられています。
日本さくら名所100選にも選定されて、名勝の指定を受けています。
今回はまだ紅葉もちょっと早い。11月にはいろいろ祭りもあるようです。
渡るには片道300円の入橋料がかかり、結構体力消耗しそうだったので見るだけにしました。
初日に飲んだお酒「五橋」はこの橋のことです。

錦帯橋

100%国産材で造られています。平成の架け替えでは全国から約7年かけて木材が集められたとか。


槍倒し松(やりこかしまつ)

巌流ゆかりの柳

香川家長屋門

この山の上に見えるのが岩国城。昭和37年に外観復元された。
あんなところにお城を建てるのは気が遠くなりそうです。
昔の人すご過ぎ。重機無いんだよ。
 

そして、宿に帰って夕食。長州どり&のどぐろ&海老プラン♪
岩国寿司ですね。



牡蠣も食べたかったのですが、ちょっとまだ時期が早かったようです。
予定を変更したので最終日の午前中がフリーになりました。
地図を見ると宮島が近い!

  
タグ :山口県岩国

Posted by 有限会社ワークデザイン at 19:59Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月26日

山口へ行ってまいりました(旭酒造見学)

獺祭で有名な旭酒造さんに見学に行ってきました。
今回の最大のお楽しみです。

旭酒造

ショップで集合なので、早めに行ってお店を見ていたら何やらカメラを持った番組収録らしき人たちが来ます。
慌てて退避〜(笑)すれ違うところで、「ナイス獺祭」と声をかけられました。

旭酒造

見学は実際に働いているお兄さんが案内してくれます。
写真撮影も自由とのこと。
広島から来た女性お二人と私達の4人でコースを回りました。
工場内には白衣を着て、消毒して入ります。中はすばらしい香!
いわゆる酒の匂いではありません。
最近自社ビルを改築して、きれいになった工場ですが、酒を作る過程はほぼ昔ながらのやり方だそうです。
コンピュータ制御では難しいとのこと。
少しづつ発酵が進んでいるのを見せて頂きました。

洗米          
海外からの研修も受け入れているそうで、ビデオでその様子も見せてくれました。
最後に試飲。今回はレンタカーで回っているので夫は飲めません。
悪いので試飲無しのつもりでしたが、私だけでも飲んだほうが良いと勧められて試飲しました。
もちろんお酒も買って、宿でも飲みましたが、この試飲で飲むお酒が最高においしい。


獺祭の酒粕入りアイス。これも最高においしい。


感動したのでTシャツも購入。

獺祭

記念品を頂いて見学終了。
みんな生きてるうちに一度はここに行ったほうが良い。
プーチンさんも行きなよー。

近くの酒屋でまた買っちゃった。獺祭スパークリング。ショップで買った奈良漬もおいしい。

  
タグ :山口県獺祭

Posted by 有限会社ワークデザイン at 11:54Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月26日

山口へ行ってまいりました(青海島→瑠璃光寺)

山口旅行の3日目、青海島シーサイドホテルの朝食を頂きました。
宿泊客は思ったより多く、工事関係者と見受けられました。
宿のおじさん、忙しそうです。
朝食おいしかったです。目玉焼きは半熟でした。


朝食後、入江沿いを歩いてみました。
外来種のセイタカアワダチソウがたくさん生い茂っています。
でっかい蜘蛛の巣もたくさん、気をつけて歩きました。

   
 

朝食のお世話で忙しそうなおじさんに声だけかけて、8:00頃チェックアウト。
瑠璃光寺に向かいました。

これは香山公園の明治維新史跡 枕流亭。
ここで、伊藤博文、木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通などが薩長連合の討幕の密儀を重ねました。
明治維新のあけぼのを作った建物(移築されています)。

これは「勅撰銅碑」。明治天皇が毛利敬親の偉業を永久に伝えるために碑の建立を命じて建てられた碑。
文を書いた野村素介は山口市大内の出身で、その楷書文字の美しさは日本に数基ある勅撰銅碑の内もっとも美しいと有名なのだそうです。写真の映りが悪くて残念。
勅撰銅碑 

大内弘世騎馬像。大内家の物語も面白そうです。


 大内弘世騎馬像

保寧山 山門

瑠璃光寺、日本三名塔の一つに数えられる美しさ。
瑠璃光寺
五重塔
この木何の木〜、珍しい木を発見。
サルスベリの木の途中から松が生えています。
自然に生えているそうです。
「サルスベリの木を借りて滑らずに大きく育つ松、ご進学合格間違いなし」と書いてありました。

この木何の木


東京庵でそば寿司セットを食べました。
なぜ「東京庵」なのか、書いてありました。
東京庵という流派があって、関東大震災で東京庵本店はつぶれて、当時そこで働いていた山口県出身の職人を、先代が連れ帰って湯田温泉で東京庵を継承したとのこと。全国で唯一の東京庵がここ。
東京庵

これはおいしかった。今までに食べたことの無いお蕎麦です。
そば寿司セット

そして、その並びにある御堀堂の外郎。
これはうまい。なんとやさしいお味。しばらくは他の外郎は食べられないでしょう。

御堀堂

この後、旭酒造に向かいます。

  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 11:12Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月25日

山口へ行ってまいりました(角島大橋→青海島)

旅行の2日目、朝8:00に出発してレンタカーで角島へGo!11:00頃に到着。
お天気が怪しげです。
角島灯台
角島灯台に登りました。結構きつかった。
観光客は少しいましたがみんな登りません。
この灯台は明治9年に建築された総御影石造り、高さ29.6mで、現役の灯台です。
ずっと見たかった日本海。

     

日時計

これは日時計。
実際に使ってたんだよね。

角島大橋は工事中。
工事中ののぼり旗が、写真を撮ると残念な感じ。そりゃ上げない訳にはいかないよね。

今回の目的の一つが仙崎イカ、透き通ったイカが食べたくてネットで調べた「民宿 沖千鳥」に行ってみましたが、海がしけて取れなかったらしい。残念。

角島大橋

次に、元乃隅稲成神社に向かいます。


 

ずーーーっと先まで行きました。
細い道を歩く時は、生まれて初めて足がすくみました。

ここも何か工事をしていました。

そして、千畳敷。広いですね。
標高333m、東京タワーと同じ高さなのだそうです。

 

日置ウインドパーク。西日本最大級の風車。

そして、青海島へ。
この日の宿は、「青海島シーサイドホテル」。ここはホテルというより民宿みたいな宿で、夕焼けがすばらしいとのレビュー有り。



食事は朝食のみなので、近くの魚屋さん「さかなや大小」で魚を買っていきます。


この時点で14:00。チェックインにはちょっと早いのですが、魚を冷蔵庫に入れさせて欲しいので行ってみたら、快くチェックインさせてくれました。
お天気はますます怪しげに・・・。

雨が振らないうちにもう少し足を伸ばして、海上アルプスへ。
日本の渚100選に選ばれた絶景スポットです。
全部見たいところですが、時間と体力に限界が・・・。
ダイビングしてる人達もいました。
 

密入国者に注意みたいな看板も立ってました。
いやいや、密入国しやすそうですもん。
この日は観光客はほとんどいませんでした。

目当ての仙崎イカが見つからないので、さらに魚屋さんに行きましたがやっぱり無くて、代わりにアオリイカを刺身にしてもらいました。
魚屋さん曰く「最近は捕れない」とか・・・。
地元の人が食べられないんじゃしょうが無い。


楽しみにしていた湖の夕焼けは・・・。
雨の合間にちょっとだけ見れました。おてんとさまには文句は言えません。


そして、次の日は楽しみにしている「獺祭」の旭酒造へ行きます。

  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 17:17Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年10月24日

山口に行ってまいりました(山口宇部空港→秋吉台)

10月24日(月)から27日(木)まで山口に旅行してきました。

羽田空港に早めに到着、便の部分変更があった為有人カウンターで手続きの必要があって、1時間前にカウンターに行ったのですがなぜか長蛇の列。
でも、まあ時間がせまったら先に通してくれているようなので大丈夫だろうと思っていました。
でも、なかなか列は進まず、後ろはさらに人が増えて、ついに「○○時の便に乗る方お知らせください」のアナウンス。
すぐに手を揚げましたが手続きがまた手間取って、荷物検査は先に入れてもらっても搭乗口まで走る羽目に・・・。
放送で名前まで呼ばれて走りました。
無事離陸。

12:45 羽田発 14:25 山口宇部着 ANA
レンタカーで秋吉台へGo!
天気良し、交通量少なくて快適。
15:45 秋芳洞到着

道端にオンブのトノサマバッタ発見!!
近づいても動かない。
危なくない?踏まれちゃうよ。

日が暮れる前に秋芳洞・秋吉台を見たい。
まずは秋芳洞。
すごいです。見事です。
プーチンさんもここは行った方が良いぞ。
探検コースも行きたかったけど、時間が足りない。
失敗したな。暗くて写真がうまく撮れない。
ちゃんと事前に撮影の設定とか確認しておくんだった。
ここにはコウモリやエビが住んでいるんだって。
よくまあ、こんなに中を歩けるようにしたなあ。

秋吉台国定公園

秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞
 
秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞 秋芳洞

眼鏡が遠近両用なので大変でした。遠くまで見たいけど、歩くには眼鏡を外さないといけません。

そして、夕暮れの秋吉台。
秋吉台

道の駅みとうに寄って、隣のスーパーで酒とつまみを購入。生酒五橋とくじらフライげっと。

 

宿泊は、国定公園秋吉台の中にある「秋吉ロイヤルホテル秋芳館」にしました。

窓の外は秋吉台。夜は満天の星空でした。星空も写真に撮れなくて残念。

  

翌日は、角島〜青海島へ。
  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 14:46Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年05月05日

黒電話を災害時用電話機にしました

黒電話棄てられるところだった黒電話、うちで救済してピカピカに磨いて、災害時用電話機になりました。
我が家には、ひかり電話とは別にアナログ電話回線があります。
マンションなので電話配線は2回線使えるようになっていて、1回線はFTTHでインターネットとひかり電話。
連休中にちょっと配線工事して、寝室のモジュラージャックをアナログ回線に繋ぎました。そして、この黒電話を置いておきます。
ひかり電話は停電すると使えなくなりますが、アナログ回線は2芯が繋がってさえ入れば繋がります。
そして、黒電話も電気無しで使えます。
レトロでなかなか渋いし、黒電話ってとても頑丈なのでなかなか壊れません。

  
タグ :災害電話

Posted by 有限会社ワークデザイン at 15:45Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年01月15日

台湾で銀行口座開設

今回、台湾で銀行口座を開設しました。
事前にネットでググって、過去1年間の情報で、カード発行まで当日できた情報が複数あるところを選びました。
まず、内政部移民署で「中華民國統一證號基資表」を発行手続き。これは簡単。
用紙はネットでダウンロードもできます。


私の名前はひらがななので、システムに非対応。自分で手書きしてと言われました。
パスポートを複合機で有料(2元)でコピーするのですが、ちょっとまごついた。これはコンビニにあるような複合機なので、言葉のせいではなくて私がどんくさいだけ。印鑑もあればフルネームのものが必要ですが、無いのでサインでOK。


銀行は兆豊国際商業銀行。Googleマップでググって向かっていると、検索に出てこない衡陽分行があったのでそこで手続き。
英語で対応してもらおうと話していたら、日本語のわかる行員さんがいらして、てきぱきと手続きが進みます。
とりあえず1000元を預金。暗証番号を決めて、写真撮影、ATMでパスワード設定、ATMの使い方まで新設に教えてもらって、通帳の名前にちょっと間違いがあって訂正してもらって1時間弱で完了。
デビット、クレジット機能付きキャッシュカードが発行されました。
インターネットバンキングもOK。

  
Posted by 有限会社ワークデザイン at 16:22Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年01月14日

台湾の鉄道で迷う

今回は台北から高雄、屏東と移動しました。
空港から駅に乗り換える際に、悠遊カードを購入。

悠遊カード

新幹線で往復する料金よりもお得なので、「高鉄3日間フリーパス」(2400元)を台湾JTBで購入予定だったのですが、今回は選挙のある週末。台湾では選挙は戸籍地で投票するため、多くの人が故郷に帰る(台湾の投票率は高い)。窓口も混みあうことが予想され、私の日程は日帰りで余裕が無いので、フリーパスをやめて台湾高鉄インターネット予約システムから事前購入しました。日本語対応していて、発券も駅の窓口やセブンイレブンでできるし、スマホアプリでも対応しています。

アプリで発券して、チケットをクリックするとQRコードが表示されます。
改札口にQRコードの読み取り場所があるので読み込ませて通ります。

台灣高鐵 台灣高鐵

台湾でなくても駅の乗り換えが苦手な私、下調べして行ってもやっぱり少しづつ時間が遅れます。
屏東市では2時間くらいしか時間がありませんでした。


↑この目的を達し、帰りの新幹線に間に合うよう左榮駅に辿り着けるのか・・・。タクシーを使いたいのですが、いません。
どこかの店でタクシーを呼んでもらうのも時間がかかりそうで、多分20分くらい歩いたほうが早い。
面白そうな市場を素通りし、駅のホームで近くにいたお嬢さんに英語で声をかけました。
スマホのチケットの絵を見せて「こっち側のホームで合ってる?間に合うでしょうか?」。
英語はわからないそうで、でも言いたいことは伝わったようで、彼女はまた近くにいた駅員さんに声をかけました。
2人して難しそうな顔をしています。
高雄で乗り換えて急げば間に合うので、彼女が途中まで一緒に付き添ってくれることになりました。
2人でスマホの翻訳アプリを使って会話しました。
彼女「日本語難しい」
私「中国語難しい」
FBの名前を書いてもらいましたが、どうも出てきません。
私は新幹線の便に20分ほどの余裕を持って乗ることができました。
本当にありがたかったです。

事前にGoogleのマイマップでルートを準備して行ったのですが、マイマップが頻繁に落ちてしまいました。
見せる資料、伝えたいこと、何から何までスマホでできて助かりました。

  
タグ :台湾鉄道

Posted by 有限会社ワークデザイン at 18:18Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年01月14日

台湾で父の足跡をさがす

先日、台湾に行って参りました。
目的の一つは、昔父と祖父が住んでいた場所に行くことでした。
手がかりは、一昨年、父の遺品の中から見つけた写真と、戸籍謄本に残されていた住所。
(写真は古いものなので、あえてぼかしませんでした)

台湾の写真


台湾の住所

FBページ「i屏東~愛屏東」でメッセージを送ったところ、すぐにお返事をいただきました(多謝)。
「屏東市明正里」まではわかりましたが、その後の細かい住所がわかりません。
您好,經請戶政單位協助查詢,山田清所居住之「若松町一丁目十番地」,現屬屏東市明正里,但因台灣光復後未設戶籍,所以無法對照現行地址,抱歉喔!
友人が古い地図を送ってくれました(多謝)

1940年屏東市街圖

友人に勧められた地政事務所に行って聞いてみました。窓口の職員さんがあちらこちら聞いてくれて、詳しい住所が判明。
「屏東市明正里勝利東路100號」(赤マーク)



行ってみました。
昭和16年12月27日に叔母がここで生まれました。
古そうな建物もあります。




私のために探してくださった地政事務所の職員の皆さん、資料を送ってくれた友人、この後帰りの新幹線に時間が足りなくなった私に、間に合うよう付き添ってくれた通りがかりののお嬢さん、本当にありがとうございました。
今日は父の誕生日でした。



台湾  
タグ :台湾

Posted by 有限会社ワークデザイン at 13:57Comments(0)その他なんでもかんでも

2016年01月01日

明けましておめでとうございます

世界に平和を
今年はよりいっそう頑張らなければ。
皆様がんばりましょう。

  
Posted by 有限会社ワークデザイン at 08:15Comments(0)その他なんでもかんでも

2015年12月11日

驛傳社に関するご報告_資料

今回の一連の事件に関する資料を掲載します。
新聞記事の翻訳は、私が辞書を引きながらしたものなので、拙い点はご容赦ください。
間違いがあればご指摘は歓迎します。
播磨家の方々からもご指摘は歓迎します。
これらは全て公開されている内容であり、私は最初から言っているとおり、真実を確認したいのです。
これ以外にも情報はありますが、裏の取れていないものや、憶測によるもの、所持者から掲載の許可を得られていないものは公開していません。

臺灣資料開放平臺 DataTaiwan Explorer

会社関係のデータベース。
「公司登記資料」で社長苗字「播磨」で検索すると、
播磨

裁判書查詢

法院名稱:臺灣士林地方法院
裁判類別:民事
全文檢索語詞:播磨
2件出てきました。

使い方
http://www.globalipdb.jpo.go.jp/etc/980/

※台湾産法研股分有限公司は、近畿大学法学部長で知的財産権教授だった故・播磨良承氏の子息である播磨憲治氏が2011年1月に設立した。(↓この記事より)
台湾産法研股份有限公司 知的財産編(ILA TAIWAN Intellectual Property Guide)

【新聞記事

日籍男子疑詐騙 秀林多人受害 2012年12月19日 下午10:04
【Kacaw/Mayaw】
一名早期跟著在台經商的父親,定居台灣十年,父親過世後才又日回到日本的本人播磨憲治,四年前帶著妻子和就讀國中的女兒來到台灣,一開始在台北、台中等地經商,後來生意失敗,今年三月才到花蓮居住。
認識當地太魯閣族的工藝師,不過日籍男子疑似跟多位居民有借貸金錢糾紛,債權人紛紛跳出來表示,播磨憲治是個騙子,像是當初播磨憲治有開間公司要做目錄但是沒有錢,無法在台灣貸款借錢,不然就是要擔保人,擔保需要十萬,就請太魯閣工藝家連美惠做擔保人,但是到現在只還2百元。
另外,播磨憲治也有在花蓮向一名阿美族人租房子,不過常常不按時繳,住到11月中旬之後還沒繳清就搬出去,再來也有跟當地人做自助餐生意,同時也住在當地人的家,不過搬出時還把所有家具搬走賣到二手家具行,這場債務糾紛有關房租或是借貸的問題都屬民事範圍,只有搬家時搬走家具是可以提出竊盜或是侵占等告訴,目前目前債權人已向派出所報案。
當事人播磨憲治對於欺騙原住民的指控完全否認,對於連小姐當擔保這是因為之前的業務,只承認向連小姐借了三千元,房租的事情也在調解委員會協調下以分期付款的方式償還,但對於相關人士的言語有涉及不實言論要提出名譽損害告訴,債權人已經報警希望用司法的途徑來解決。

↓翻訳

詐欺の疑いのある日本国籍の男性 秀林で多くの被害

彼の父親は早くから台湾で事業を成し、台湾に10年定住し、その父親が他界した後、一旦日本に帰った日本人播磨憲治は、4年前妻と就学中の娘を伴い台湾に戻ってきました。最初は台北、台中などで事業を起こすが失敗、今年3月には花蓮に移り住みます。
タロコ族地元の工藝師と交友するが、多くの住民と日本人男性は借金問題があり、債権者達は、播磨憲治にだまされたと主張しています。もとより播磨健二は会社を起こそうにも資金が無く、台湾のローンも保証人がいなければ不可能で、担保10万元が必要になり、このタロコ族の工藝家連美惠に保証人を頼みましたが、まだわずか2百元しか返済していません。

他にも、播磨憲治は花蓮でアミ族の人に部屋を借りましたが、常に家賃滞納気味で、11月中旬をもって支払わないまま転出しました。再び地元の人の部屋に住み、彼らと仕事をし、そこを出る際に家具を転売してしまいました。債務紛争については民事で争われることとなり、家具を運び出した件は盗難及び横領であると告訴、債権者は、地元の警察署に通報しました。
当事者播磨賢治はこれを完全否定、連さんとのお金は業務の為の担保として、三千元借りていることは認めている。家賃については調停委員会において分割払いで調整返済。関係者が虚偽の発言をしていることについて名誉毀損を主張、債権者は、司法警察による解決を希望しています。


【更生日報による記事】

警調查 還日男播磨憲治清白

2015-08-20更生日報受捐助 扯出詐欺糾紛
記者田德財/報導

二○一二年十二月間,發生的日籍男子播磨憲治,因為接受捐助,被人指漈及二件詐欺糾紛疑案,經警方深入調查,查明真相,並沒有涉及詐欺這回事,還了播磨憲治的清白。
播磨憲治近二年在花蓮居住,專門研究當年開發花蓮的日本人賀田金三郎的歷中故事,(賀田一八五七年生於長門國萩(現‧山口縣萩市),一八九五渡台,就任大倉組台灣支社總負責人,一八九九設立賀田組,招募日本內地移民,在東部的花蓮平原設置賀田村,從事東台灣的開發。賀田除了開墾事業,也跨足金融、運輸、製冰、製糖、製腦、礦業等,之後又將事業擴大至日本內地和朝鮮)。
播磨憲治在研究的過程,在日本及台灣蒐集了很多珍貴史料老照片,也引起各界的重視,日本的電視台上月也派員來採訪報導,名氣大增之際,有人剪了二○一二年十二月廿日一篇報紙的新聞貼上臉書,讓播磨憲治很困擾。
這篇報導是指播磨憲治在台灣遭人詐騙十萬元,後來得到獅子會的捐助度過難關,捐助新聞報導後,花蓮縣與播磨憲治有糾紛的三人出面開記者會,指播磨另涉及二件詐欺案,分別是四十萬元及六十七萬元。
但播磨被指的詐欺案,經檢、警調查,查無涉及刑事詐欺責任;前法務部長施茂林指出,詐欺罪的構成要件很嚴,一定要有人騙你,而且你受騙,還要交付財物才算數。從法律來看,必須有行為人施用詐術,比如言語、不實文件、不正的方法和不當的手段,使得被害人因為這些詐術陷於錯誤,以致誤信為真,而且同意交付財物。
施茂林說,很多人誤解詐欺的內涵,以為欠債不還就等於詐欺,但根本不是,結果也告上法院,等於是告錯了,這些都只能歸類為「假性的財產犯罪」,實務上已採簡便處理,以免浪費司法資源。因此,財物受損的人在提告之前,應了解何謂「詐欺」罪,免得告了不如己意,變成二度傷害,甚至懷疑司法不公。

↓翻訳

警察の調査により日本人男性播磨憲治は無罪

二○一二年十二月に発生した日本国籍の男性播磨憲治の金銭に関わる2件の詐欺疑惑について、警察による事情調査では詐欺とは認められず、無罪となりました。
播磨憲治は花蓮に移住して2年、花蓮の開発に務めた日本人賀田金三郎の歴史を専門に研究(賀田1857年長門國萩(現‧山口県萩市)、1895年代、大倉組台灣支社総負債人、1899年賀田組設立、日本内地より移民を募集、花蓮東部の平原に賀田村を設置、台湾東部の開発に従事。開墾事業のみならず、銀行、運輸、氷、砂糖、製脳、鉱業、その他に広げ、その後、日本、朝鮮へと拡大)。

播磨憲治は研究の過程で、日本と台湾から歴史的な古い貴重な資料を集めるだけでなく、より世間に呼びかけることを重視し、日本のTV局から取材を受け先月放送され、世間に広く知られると、何者かが2012年12月20日の新聞記事をFBに公開して、播磨憲治を非常に困らせました。
この記事では、播磨憲治が台湾で十万元の詐欺と報じられ、後に獅子會(ライオンズクラブ)から援助を受け、新聞報道後、花蓮県にて播磨憲治を追求する為3名が記者会見を開いて四十万元と六十七万元の2件の詐欺を主張したものである。

しかし、播磨憲治を被告とする詐欺については、警察の捜査では詐欺罪は認められず中立の立場を取る。前法務部長施茂林が指摘するには、詐欺罪の要件は厳しく、騙されて財物の受け渡しの事実が必要です。法的観点からは口頭で、または文章で、不正な方法手段を使って、被害者を騙し、信じさせ、財物を受け渡したとの事実が必要です。

施茂林氏によれば、多くの人が詐欺の意味合いを誤解しており、債務は詐欺とは別であり、その結果上法院に上告するのは間違いである。これらは「假性的財產犯罪」と分類され、司法資源の浪費を避ける為に実際には簡便処理を取られています。このように物的損害を訴える前に、「詐欺」罪についてもっと理解する必要があります。むやみと訴えを起こしてもさらに傷つき司法への不満を募らせることになります。


【台中時代(2010年)のブログ】
台湾台中で日本家庭料理弁当屋を始めました!

※ ここでも何か炎上し、コメント欄を全部削除。本人曰く、「パソコンに詳しくなくてコメントを非表示にしてしまった」

【花蓮・秀林部落時代(2012年)のブログ】
花蓮・秀林部落 太魯閣族の村に住み着いた日本人家族

2015/12/19追記

驛傳社FBページが削除またはブロックされました。
https://www.facebook.com/ekidensha
このページには、9月頃確認したところ、国別制限がかけられていて、台湾からは見れない設定になっていました。
また、「西岡 敏○」という個人をブロック設定されていました。
この方も被害者でしょうか・・・。

※ Facebookをやっていない人へ

Facebookには色々な制限をかけることが可能で、この国別制限というのは、日本からだけ見れて、台湾在住者からは見れない設定です。
  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 14:59Comments(5)その他なんでもかんでも

2015年12月01日

驛傳社に関するご報告_その後

クラウドファンディングが取り下げされた後、播磨氏とその家族は多くの関係者をFacebookの友達から削除し、自身のグループからブロック、またはグループ自体を削除しました。
私は契約撤回を主張し、返金要求をしました。
これ以上証拠を削除されないよう、ホームページのWordpressにて播磨氏の管理者権限を編集者権限に変更しました。
これは、業務上必要な作業は支障が無く、私が書いた部分を編集及び削除できないだけの制限です。
播磨氏はこれを違法行為だと主張し、社長(息子)が法的処置を取ると言っていましたが、その後も社長本人とは直接の連絡は取れないままです。
レンタルサーバーもパスワードを変更し、ホームページを削除できないようにしています。
もともと、このホームページは私個人が費用を負担し、維持しているものです。
法的処置を取るならなおさら証拠を保全する必要があります。
クラウドファンディングで書き込まれていたことについて質問と説明を求め、Facebookのグループへの書き込みととメールを書きましたが、充分な答えは得られていません。
メールでは「もう質問には答えない」とのことです。
社長がすべてを正しく知っているかどうかもわからないので、このブログに事実関係を記録し、それを読んだ上で直接指示をいただきたいと伝えています(伝わっているかどうかもわかりませんが)。

インターネットで検索すると、たくさんの過去がヒットします。
過去にも何度も同じような事が繰り返されていたのに、どうして事前にわからなかったのか。
これはFacebookの怖いところだと思います。
実名だから信用ができるという一般論。
多くの人たちが、シェア・いいねをし、コメントで応援する(これには責任は無い)。
おかしいと思った人やトラブルにあった人は黙って去っていく。
都合の悪いことは削除されて、友達は整理される。
味方にならなかった人は「悪いやつだ」と噂される。
今後、これを読んでも支援しようという人は止めませんが、加担することになることは自覚するべきでしょう。

2015/12/19追記

驛傳社FBページが削除またはブロックされました。
https://www.facebook.com/ekidensha
このページには、9月頃確認したところ、国別制限がかけられていて、台湾からは見れない設定になっていました。
また、「西岡 敏○」という個人がブロック設定されていました。
この方も被害者でしょうか・・・。



  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 18:38Comments(0)その他なんでもかんでも

2015年11月09日

關於驛傳社-合作與分岐

驛傳社我的名字叫嶋崎,我的祖父和爸爸在日據時代住在台湾屏東,由於這樣的緣故,我對台湾産生深厚的感情,因此透過Facebook(臉書)而認識了播磨憲治,以下是整個经過與大概的過程说明。

播磨憲治在台湾的花蓮,成立了名為"驛傳社"的公司,我出資日幣五十萬,協助播磨憲治,並且我無條件協助在台灣設立網頁供給大家使用,當時出資的方式是我把五十萬日幣滙入播磨憲治先生的妻子的銀行帳號,之後就開始發生了一些問题.

我覺得有問題的原因是,我看到播磨先生的所做所為與當初所訂下的協議内容不一致,我認為他沒有遵守當初協定的契約内容.
當我感到到有這樣的問题之後,我向他提出我的質問,希望他能說明,但是播磨憲治的回答含糊不清,令我無法接受。
因此我决定退出。

這本來這是我個人和播磨先生之間的小問题,我想我投資的五十萬日幣,可能是有如石沉大海,要回來的機會渺茫,我考慮到,如果我沈默不語的話,將會有更多的人和我遭受到一樣的遭遇,因此我決定把真相公佈於世。

在此同時,播磨先生本人也把他自己在臉書上所記載的事實經過通通削除掉,打算來個死無對証,但是所有一切的証據,我通通有保存起來,可以在我的臉書頁上参閱,事實是要講求充分的証據才行,事情的經過不短,但是還是,要一點一點的寫下去,公諸於世。

驛傳社原本是打算把日據時代所建築的遺跡保存下來,可作觀光事業,讓下一代的日本子民來参觀,我認為是非常有意義的活動,没想到會發生這種的事情,讓人非常遺憾。

驛傳社HP

2015/05/14 驛傳社が湾生の里帰りを支援
2015/05/01 台湾の驛傳社に協力します
2015/02/11 台湾に行ってまいりました(4日目帰国)
2015/02/11 台湾に行ってまいりました(3日目台北へ)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(日本統治時代の建築2)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(日本統治時代の建築1)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(プリペイドSIM)
2015/02/07 台湾に行ってまいりました(2日目海へ)
2015/02/07 台湾に行ってまいりました(1日目)
2015/02/01 台湾に行ってまいりました(準備)
2014/08/26 台湾花蓮市の募金活動の報告
2014/07/29 台湾、花蓮市の被害状況
2014/07/26 台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾
  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 17:11Comments(0)その他なんでもかんでも

2015年10月13日

驛傳社に関するご報告_テレビ出演とクラウドファンディング

今年8月14日、彼らはテレビ出演をしました。
世界の村で発見! こんなところに日本人 台湾 2015年8月14日


※2015/11/19 元々のYoutubeの動画が削除されたので、別のアカウントによる動画に差し替えました。
※2016/5/4 Youtubeの動画が削除されたので、別のアカウントによる動画に差し替えました。

そして、クラウドファンディングを起こします。
クラウドファンディング

そして、審査が通り、クラウドファンディングが開始されました。


クラウドファンディング

テレビ番組「世界の村で発見! こんなところに日本人」のFBページに批判の書き込みがされました。

詐欺報道

この件は、播磨氏から聞いていました。
2012年12月19日に、原住民族電視台というTV局に詐欺報道をされたものですが、刑事事件では立証されなかったそうです。
日籍男子疑詐騙 秀林多人受害

※ 読者の方が新聞記事データを見つけてくださいました。
http://www.ksnews.com.tw/upload/20121220-003.pdf

更生日報は2014年8月に記事を取り下げています。
その為、ホームページ上に記事が無く、かすれた写真では内容が読めません。
新聞紙面をお持ちの方がいらっしゃいましたら、スキャンして頂けると助かります。
そして、この時のトラブルを受けて、更生日報は訂正記事を上げました。

警調查 還日男播磨憲治清白

どれも、ちゃんと翻訳されたものは無いので、どれだけの日本人がこの内容を読めているのかわかりません。
今回はちゃんと翻訳しようと思いますが、私の中国語はHSK2級レベルなので、かなり時間がかかります。

新聞に播磨氏宛の広告が載りました。この広告は個人が費用を出して掲載しています。

更生日報
40万元(+利息)を払わないまま花蓮へ逃げている件、澤井弁護士提出の告訴により百万元あまりの支払い命令有り。本日、花蓮地方法院に出頭するよう礼状が出ています。本日出頭すると共に返済の滞っている件について正直に説明するように。債権人:林律妦啟

クラウドファンディングでも炎上しました。
よく読まないと気づかないかもしれませんが、クラウドファンディングページの下に質問や応援コメントの書き込みがあります。
コメント数が20などと書かれているのに、コメントは3件しかありません。
どうやら、書き込まれたコメントを片っ端から削除しているようでした。

クラウドファンディング クラウドファンディング クラウドファンディング クラウドファンディング

クラウドファンディング

ここで53万までになっていたクラウドファンディングは取り下げられました。
このあと、私は会社の謄本の写しを再度請求し、やっと受け取ることができました。本人曰く、「忘れていた」そうです。

※ 追記(2016/5/4)
 TV局(朝日放送)には複数の人が抗議のメールを送りましたが無視され再放送までされました。
 台湾では放送局は再放送をやめたそうです。

※ Facebookをやっていない方へ

Facebookは原則として実名での登録となっていますが、中には偽アカウントを使う人がいます。
これはメインで使うアカウントとは別に使います。
実名だと友達になれず、何かさぐりを入れたい場合に、偽のアカウントを作ってグループなどに参加するケースがあります。
短くして「偽アカ」などと呼びます。本人の写真がネット上から無断借用されていたり、個人情報が何も入力されておらず、過去にほとんど書き込みがなかったりするので、結構わかりやすいです。
  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 01:23Comments(4)その他なんでもかんでも

2015年10月12日

驛傳社に関するご報告_契約とHP

募金活動の後、年末に交流会に参加。
その後、播磨氏が一連の活動に関係して法人の立ち上げをしたいという記事を書きました。
これは実際の記事がすでに無く、どんな文言だったか記憶に頼るしかありません。
出資を募る内容であったことは確かです。
私はこれに経営参加の形で出資することにしました。
しかし、一度も会ったことの無いままではさすがに契約はできませんから、振込と同時に花蓮に行き、契約書を交わすことにしました。

1/19 台湾の外僑投資審議委員会に会社設立の申請中です。
契約

まるみさんの株数ですが、日本円で50万円=約13万元となりますので、端数は登記上無理なので、(5万元単位になります)10万元の出資とさせて頂きます。残りの端数分は、個別契約を締結させて頂ければ思います。

とのことでした(1/13のメールより)。<
ありがとうございます。これでOKです。
次回、来て頂いた際に、公証人役場に一緒に行って頂く事になりますので、印鑑をご持参頂けます様、お願いします。
(1/23のメールより)
経済部投資審議会の方に、現在、許可待ちの申請が数多く寄せられているらしく、今のままで行くと、許可が下りるのは春節以降の、2月末から3月上旬になってしまうそうです。
どうやら、一番多いのが日本からの申請だそうで、毎年、日本の決算期前になると多くなるそうですが、今年は、特に多いそうです。
投資審議会からの許可が出てから、会社名の申請から始まって、実際の投資、銀行手続き、営業項目の手続き等々が始まり、最終的に会社が設立できるのは、早くて4月上旬になる見込みだそうです。
しかし、2月末若しくは3月上旬には、新会社で運営する「花蓮ライフ」の花蓮県知事へのインタビューも予定されており、また、有機野菜の通販も、既に、準備が整っており、後は、会社設立を待つだけの状態になっている今、4月上旬まで動けないのは、大きなマイナスとなってしまします。

そこで、会計士に相談しましたところ、以下の様な提案がありました。
まずは、台湾人を社長とする会社を先に設立する。日本側からの投資はまずは、播磨個人が受け、その上で契約書を取り交わし、実質的に、役員と同じ待遇でまるみさんの立場を保証する。
その後、台湾の法律で定められている、会社設立1年後に、増資と役員追加という形で、まるみさんから投資して頂いた分を日本側から振り込み、登記簿上にもまるみさんを登録する。
どうやら、急いで会社を作りたい時に、よく用いられる方法だそうです。本当はもっと長い文章です。

下記のように返事をしました。
大事なことなので最初に伺っておきたいと思います。
私の最初の離婚の原因は夫の隠し借金だったので、これも確認しておきたいのですが、
ご子息に借金は無いでしょうか?

上記に問題が無ければ、新会社設立は同意します。
そして返事が来ました。
二番目の人は、浪費家で酒好きだったのが離婚の原因でした。故に、子供達から「離婚して」と言われたぐらいでした。息子ですが、バカが付くほどの慎重派ですので、借金は一切ありません。クレジットカードも持ちたくないという人間です。二番目の人を見ていて彼をそうさせたのかも知れません。
初対面となる人に面と向かって「あなたに借金はありませんか?」と、さすがに聞けなかったのですが、播磨氏はこれを「自分は聞かれなかった」と主張しています。
花蓮に行った際も、奥様とお嬢様、皆さんのいるところで、「借金は心の底から嫌いなんですよ、親兄弟と言えどもお金の貸し借りはしません。私は22歳で夫の隠し借金発覚した為離婚、生まれたばかりの子供と母子家庭となったのです。」と話しました。

2/3に花蓮に行った時に、正式に契約を結び、パソコンや無線LANの設定をし、詐欺ソフトを削除し、ずっと使われずにいたNASを設定し、Dropboxで日本と花蓮でフォルダを共有できるように設定しました。このフォルダにファイルを入れれば、日本からも見れる訳です。
台湾で無線LAN設定
↑これがその時の記事。

そして、驛傳社有限公司が立ち上がります。ホームページが必要になるので、私がドメイン取得、レンタルサーバー契約、ホームページ作成までを行い、費用を負担しました。
http://www.ekidensha.com/
法人としてきちんとした会社でなければいけないと説明し、FacebookはFBをやっている人しか見れないのだから、メインの情報発信はHPで行い、そこからFBページに連携するように設定しました。
非公開のFBグループ「EKIDENSHA」で協力するメンバーで情報共有をしましたが、その後どんどん人が減って行きました。
HPはWordpressで作成し、花蓮と日本とで両方で運用できるようにしました。

そこにある事件が起こります。
播磨氏のテレビ出演とクラウドファンディングです。
これについても次の記事で説明します。

当初より気になっていましたが、HPの会社案内になかなか資本金や董事長の名前が入りません。
資本金額は20万元だと言うのでそのように記載しました。
Facebookページにも名前を記載しようとしないので、私が入力しました。
会社の謄本を2度請求しましたが見せられず、ネットで調べて検索できることがわかり、調べると1万元でした。
今回、事件が起こった際に再度謄本を請求すると、「忘れていました」とやっと送られてきました。

私、嶋崎は契約に瑕疵があり、なおかつ契約内容を守られていないとして、契約解消と返金を要求しました。
それに対し、播磨氏からの返事
私個人としては、貴殿が将来、台湾市場への進出を考え、その足掛かりとして驛傳社への出資を行った。しかし、今回、様々な憶測、誹謗中傷が飛び交い、貴殿は不安を覚えた。
その貴殿の心情を鑑み、当方としては、貴殿の要求に可能な限り応じていきたいとは思っているが、あまりにも突然のため、会社としても資金運用計画上、即時返金には応じかねるものである。
そこで、当初の契約通り一年間は現状維持をはかり、一年後に再度、貴殿の意志を確認した上で、双方が誠意をもって対応することにしたいと思う。

今現在、このWordpressの播磨氏の管理者権限を編集のみに変更しています。
これは、問題が解決しないまま私の権限を奪われない為であり、証拠隠滅を防ぐ為です。
日常の運用には支障ありませんが、私の書いた記事を編集したり削除することはできなくなっています。
播磨氏はこれを違法であると主張していますが、董事長には連絡先もメールアドレスもわからないので、連絡の取りようが無く、Mixiで見つけたのでメッセージを送りましたが無視されています。
これでは本当に
董事長が事情を知っているのかどうかも確認ができません。
メール及びFBグループ「EKIDENSHA」で質問し、説明を求めました。
問題が解決するまではFBのグループを削除したり、友達を切るべきではないと伝えましたが、グループは削除され、友達から外されました。
メールでは「もう質問には答えない」と言われています。

※ 追記
2015/10/19 契約全文(下記文書に署名捺印しています)を追加しました。

 契約全文契約書契約書   

Posted by 有限会社ワークデザイン at 17:12Comments(0)その他なんでもかんでも

2015年10月12日

驛傳社に関するご報告_始まりはFacebook

募金活動播磨氏と知り合ったのはFacebookです。
友人の参加するFacebookグループ「花蓮・日本 観光、教育、文化、産業交流会」に参加しました。
私の父と祖父は昔台湾に住んでいたことがあり、それを調べていたのがきっかけです。

花蓮市の台風の時には募金活動も行われ、私も協力しました。
私のブログを見て募金してくれた友人もいます。

日本側の募金金額は、8/6締切り分266,300円。
花蓮側での募金金額が、播磨氏のFB記事から逆算すると11868元。
花蓮県馬遠村の3件に、18000元、35000元、35000元と配分されました。
さらに日本側で締切後に31,000円、合計297,300円になりました。

2014/08/26 台湾花蓮市の募金活動の報告
2014/07/29 台湾、花蓮市の被害状況
2014/07/26 台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾

たくさんの人が参加しており、実際のオフミーティングのようなものがあって、2014年の7月からそこに参加しました。
友人も、他の人たちも播磨氏を支援していました(私にはそのように見えました)。

今現在、そのメンバーはかなりの人が、私も含めて友達から削除され、ブロックされ、FBグループ・FBページも削除されています。
友達から削除されるとその人が何をやっているかまったくわからなくなり、その人の過去の発言も見れなくなります。
グループを削除されると、そのグループに書き込んできた内容はすべて削除されます。
ekidenshaグループと、驛傳社ページは削除されました。

情報提供歓迎します。もし間違いがあれば、訂正も歓迎します。
情報提供者の身分は決して漏らしませんし、関係者の名前は一切明かしません。
情報提供したいけど名前やメールアドレスを知られるのが困る方は、2ちゃんねるででも書いて頂ければ、鵜呑みにはしませんが参考にさせていただき、確認の取れたものはここで採用させていただきます。その際はくれぐれも個人情報は伏せてお願いします。

募金活動※ Facebookをやっていない方に説明

Facebookは略してFB、登録してアカウントを作成して参加します。
日記のように記事を書きますが、自分の書き込みを見れる範囲を、公開、友達まで、友達の友達までというように色々設定できます。
Facebookでは公開グループ、非公開グループ、秘密のグループと、公開範囲の操作が可能です。
非公開グループでは中に誰がいるのかわかりません。メンバー以外は書き込みも読めません。
秘密のグループでは、グループの存在自体わかりません。
こういう面倒くさい仕組みなのに、ネット初心者や情報弱者が始めると、どこまで公開されているか知らないまま世界に情報発信することになります。
なお、Facebookページというのは個人ページとは別に作成でき、こちらはFacebookをやっていない人も見ることができます。

  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 14:48Comments(0)その他なんでもかんでも

2015年10月09日

驛傳社に関するご報告_はじめに

ワークデザイン及び、私嶋崎は台湾花蓮の驛傳社と播磨憲治氏に協力をしてまいりました。
私と播磨氏は会社「驛傳社」を設立する為に契約書を交わし、私は50万円を播磨氏の奥様の口座に振込をしましたが、その後トラブルが発生し、協議は決裂しました。
私は契約に瑕疵があり、また契約後も契約内容が守られていないこと、そして問題になった事柄について説明を求めましたが、十分な説明は得られていない状況にあります。
本来ならば個人間の問題ですが、沈黙すれば間接的に加担することになります。
播磨氏はことの経緯を示すFacebookの記事とグループその他を削除してしまった為、事実関係を記録する必要があると考えました。
少なくない被害者及び関係者の為にも事実を確認してまいります。

長文になる為、少しづつ書いてまいります。
また、関係者が日本と台湾の両方に存在する為、中国語又は台湾語でも書いてまいります。

このブログ内の驛傳社関連記事

2015/05/14 驛傳社が湾生の里帰りを支援
2015/05/01 台湾の驛傳社に協力します
2015/02/11 台湾に行ってまいりました(4日目帰国)
2015/02/11 台湾に行ってまいりました(3日目台北へ)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(日本統治時代の建築2)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(日本統治時代の建築1)
2015/02/10 台湾に行ってまいりました(プリペイドSIM)
2015/02/07 台湾に行ってまいりました(2日目海へ)
2015/02/07 台湾に行ってまいりました(1日目)
2015/02/01 台湾に行ってまいりました(準備)
2014/08/26 台湾花蓮市の募金活動の報告
2014/07/29 台湾、花蓮市の被害状況
2014/07/26 台風10号による農業被害額 17億円超える/台湾

驛傳社 播磨憲治

  

Posted by 有限会社ワークデザイン at 00:12Comments(0)その他なんでもかんでも